Author Archives: admin01

理系出身で素地はあります。製薬のMRやMSは好待遇ですか?

理系で素地はあってもそれだけで製薬メーカーのMRとして簡単に転職できるものではありません。

ステップを考えてみましょう。

★製薬メーカーMRとコントラクトMR。

製薬の営業には「メーカー系のMR」と「コントラクトMR」の2種類があります。

製薬メーカーのMRは、資本の増強があり財政的基盤がしっかりしていることから、収入や福利厚生といった面では好待遇だといえます。

とくに外資系資本の場合は、残業が少なく、生活時間にも余裕がある傾向が強いです。

ただし外資の場合は人事面での割り切りが強く、即日配置転換などの命が下ることもあります。

★コントラクトMRとして働くのが慣例。

製薬メーカーのMRは、医薬品に関するハイレベルな専門性が求められ、少なくても「MR認定資格」の取得は必須要件となります。

そのうえで定期講習やスキルアップのための試験があり、売上げ実績、スキル、試験の成績によって収入が上下します。

素地はあっても未経験者の場合は、コントラクトMRとして新薬メーカーに出向する形式を取るのが普通。

出向なので福利厚生・年俸には差があります。

★福利厚生が充実していて高給でも、メーカー系のMRとして転職を希望するのには無理があります。

コントラクトMRの道を探りましょう。

コントラクトMRはCSO(Contract Sales Organization)からの出向で製薬会社に身を置きますが、そこで社員同様に働いて実績を積めば、MR認定資格取得の道が開け、製薬メーカーから転職・転籍の誘いを受けることもあります。

「製薬関係者に必要な情報収集能力」とはどんな意味ですか?

製薬の世界ほど激しく動いた業界はこれまでに例がありません。

なぜそうなったのか、現在はどうか、日本はどうなって何が起るのか、知るべきことは無限大です。

★自分の職業を世界目線で理解しておく。

製薬業界は、国内の大半の会社に外国資本が入り、実質的には多国籍企業です。

その大前提からすると世界中の製薬情報・医療情報、および関連情報の一式が必要ということになります。

MRとしての転職を希望する人なら、諸外国の医療現場で、医師とMRはどんなチームワーク関係にあるのか、現場での工夫はどうかなど、新聞ネタにはない情報収集能力が大事になります。

★海外の製薬・医療トレンドに強くなっておく。

たとえばテレビで解説や評論をしている専門家と言われる人々は、情報収集のために独自の人脈とネットワークをもっています。

それと同じようなスタンスで情報収集に取組めば、一目置かれる立場になります。

新聞やネットの情報を知っているというだけでは一般のレベルです。

誰も知らない最新の情報は川上にあります。

製薬の本場と言われる国々を観察すべきです。

★製薬会社は今後もM&Aがつづきます。

M&Aについて、あるいは資本とイニシアティブの力関係なども深掘りしておきましょう。

転職先の会社も、親会社のM&Aのされ方によっては人材の配置から仕事のやり方までが変わり、あなたの立場が一変することさえあります。

そのような目線で製薬業界の地図をつねに眺めておきましょう。

情報をうまく使えばキャリアアップに直結します。

なぜそうなったのか、現在はどうか、日本はどうなって何が起るのか、知るべきことは無限大です。

★自分の職業を世界目線で理解しておく。

製薬業界は、国内の大半の会社に外国資本が入り、実質的には多国籍企業です。

その大前提からすると世界中の製薬情報・医療情報、および関連情報の一式が必要ということになります。

MRとしての転職を希望する人なら、諸外国の医療現場で、医師とMRはどんなチームワーク関係にあるのか、現場での工夫はどうかなど、新聞ネタにはない情報収集能力が大事になります。

★海外の製薬・医療トレンドに強くなっておく。

たとえばテレビで解説や評論をしている専門家と言われる人々は、情報収集のために独自の人脈とネットワークをもっています。

それと同じようなスタンスで情報収集に取組めば、一目置かれる立場になります。

新聞やネットの情報を知っているというだけでは一般のレベルです。

誰も知らない最新の情報は川上にあります。

製薬の本場と言われる国々を観察すべきです。

★製薬会社は今後もM&Aがつづきます。

M&Aについて、あるいは資本とイニシアティブの力関係なども深掘りしておきましょう。

転職先の会社も、親会社のM&Aのされ方によっては人材の配置から仕事のやり方までが変わり、あなたの立場が一変することさえあります。

そのような目線で製薬業界の地図をつねに眺めておきましょう。

情報をうまく使えばキャリアアップに直結します。

転職の面談で、どんなことを語れば好印象で効果的ですか?

転職者であって製薬会社の面談に臨む場合は、それほど悠長に構えていられない事情が製薬会社にあるケースが多いです。

事例から貢献度が見えるようなアピールを。

★キャリア、実績、問題解決力に重点をおいて。

転職の場合にもっとも問われるのはキャリアと実績、問題解決力の3点です。

キャリアはすでに提出済みの書類に書き込んであると思うので、具体的な実績と問題解決力につながる事例を話しましょう。

頭の部分で結論的に言って、それから相手の反応を見て具体的な説明に入ります。

「それはどういうことですか、もう少し具体的に」などの問いかけに応じて説明していきます。

★問題解決にともなうリーダーシップの事例。

問題解決にはリーダーシップをともない、現場のまとめ役、プロジェクトチームの牽引役としての力も含まれます。

とくに製薬会社の場合は、製薬自体がプロジェクト制なので、それと同じような体制で個々にプロジェクトチームが組まれ問題解決に当たっています。

そういう役目を転職希望者であるあなたに任せられるかを見定めたいのです。

★実績や問題解決力を、無理に水増しして強調する必要はありませんが、実際の成果については、アピールしておきましょう。

製薬会社は問題が山積していて、それを解決したいがために中途採用の人材募集を行なっているはず。

単なる実績ではなく、転職先の貢献に直結するような事柄があればベストです。

「話のタイトル+具体的な説明」で、長くても1分~1分半でまとめ、面接担当者からの質問がつづけば話を掘り下げて説明していきます。

◇関連記事のご紹介:転職活動で困ること、1位「自分のアピールポイントがわからない」 「面接日に休めない」「家族の理解が得られない」という声も

MR未経験者が転職の面談で問われるポイントは何ですか?

転職者としてMRの面談に臨む以上、問われるポイントは多岐にわたり「できて当たり前」と受け取られます。

転職者への期待値は大きく、その分厳しいものです。

★ポイントは多岐にわたるのが当たり前の転職者。

ポイントは、年齢と営業としてのスキルや経験、目標達成率、情報収集力、コミュニケーション能力など多岐にわたります。

医師との接触がメインになる職業ですから、専門知識の豊富さと好感度の高さなども重要なポイントになります。

新薬の売り込みと同時に、他社製品を押しのけてでも自社の薬を使ってもらうためには、「プル・プッシュ型の営業」を早期に修得する必要があります。

★専門的な語学用語、貢献度の高さが前提になる。

ドイツ語、英語は必須です。

語学能力というだけではなく製薬会社MRの場合は、専門用語の読解力、ヒアリング能力が問われます。

まして転職は後からの入社であり、即戦力以上に会社の問題解決に貢献できる能力が重視されます。

製薬会社が抱えている課題をクリアするための補強要員が中途採用ですから、面談時にはそのテーマについての質問もされます。

★問われることが多く責任も重いMRの転職希望者。

中途半端な準備とキャリアでは不採用になる確率が高いです。

中途採用である転職者には、「当然これくらいのことはできるだろう」、「貢献してもらわなければ意味がない」という目が向けられていることを胸に刻んでおいてください。

ご紹介したポイントは常識的なことで、面談企業のニーズを転職者がどう先読みして臨むか、情報収集能力で明暗が分かれます。

女性でもMPとして製薬会社に転職できるでしょうか?

女性が製薬会社のMRとして採用されている割合は全体の1割。

転職者の比率は限りなく低いという現状にあります。

しかしその情勢にも変化が。

挑戦の時機到来です!

★現状では9割が男性という古き体質。

製薬会社の広報・営業として活躍するMRは、国内だけで6万人を超えると言われていますが、残念ながらそのうちの9割近くが男性であり、残りの1割が女性という内訳です。

しかも女性は、これまでの経験を活かした看護師からの転職者が多く、未経験者の転職の割合はさらに少なくなります。

そもそも男女をあわせたMRの転職採用者は4%に届かないほどの狭き門。

女性には高すぎるハードルと言えるかもしれません。

★女性MRを半々以上取る製薬会社。

一部の傾向でしかありませんが、最近では女性MRの比率を上げようという製薬会社の動きも活発になっています。

いまだに転職者より新卒優先ではありますが、たとえば男女比をほぼ同じ割合で採用したり、むしろ女性を多く取ったりする製薬会社もあります。

理由は2つ、売り手市場で人材難がつづいていること。

男性より女性のほうが営業成績は良いということが分ってきたことです。

★製薬業界は安定した職場と言われる一方で、新薬の開発競争で営業・広報の強化が課題に。

女性の存在感が増しています。

まだ数字には表われていませんが、今後は細やかな気配りと粘り強さがある女性MRが中心になるのではとの見方が強くなっています。

転職は狭き門ですが、チャレンジすれば開かれる可能性は十分にあります。