MR未経験者が転職の面談で問われるポイントは何ですか?

転職者としてMRの面談に臨む以上、問われるポイントは多岐にわたり「できて当たり前」と受け取られます。

転職者への期待値は大きく、その分厳しいものです。

★ポイントは多岐にわたるのが当たり前の転職者。

ポイントは、年齢と営業としてのスキルや経験、目標達成率、情報収集力、コミュニケーション能力など多岐にわたります。

医師との接触がメインになる職業ですから、専門知識の豊富さと好感度の高さなども重要なポイントになります。

新薬の売り込みと同時に、他社製品を押しのけてでも自社の薬を使ってもらうためには、「プル・プッシュ型の営業」を早期に修得する必要があります。

★専門的な語学用語、貢献度の高さが前提になる。

ドイツ語、英語は必須です。

語学能力というだけではなく製薬会社MRの場合は、専門用語の読解力、ヒアリング能力が問われます。

まして転職は後からの入社であり、即戦力以上に会社の問題解決に貢献できる能力が重視されます。

製薬会社が抱えている課題をクリアするための補強要員が中途採用ですから、面談時にはそのテーマについての質問もされます。

★問われることが多く責任も重いMRの転職希望者。

中途半端な準備とキャリアでは不採用になる確率が高いです。

中途採用である転職者には、「当然これくらいのことはできるだろう」、「貢献してもらわなければ意味がない」という目が向けられていることを胸に刻んでおいてください。

ご紹介したポイントは常識的なことで、面談企業のニーズを転職者がどう先読みして臨むか、情報収集能力で明暗が分かれます。